ブックメーカーはサッカーファンを更に熱狂させる

ブックメーカー×サッカー

ブックメーカーはサッカーを今まで以上に楽しく熱狂させる

サッカーとお金

世界中のサッカーに賭けるのが楽しいブックメーカー。
自分自身で各チームの戦力を分析し、過去の対戦成績などを調べて勝敗予想が当たった試合はとても嬉しいものです。また、自身がサポーターをしているチームに賭けて勝った時は、普段の勝利よりも喜びは倍増します!

サッカー5大リーグだけではなく、Jリーグをはじめ世界のプロリーグに賭ける事ができるのもブックメーカーの楽しさでしょう。
今では、アジアやヨーロッパだけではなく、世界中のリーグで日本人選手はプレーをしています。

「ブックメーカー×サッカー」では、サッカー好きにブックメーカーの解説をしています。やり方はすぐに覚える事ができますし、いつもよりも試合の観戦が楽しくなるので、ブックメーカーのサッカーはおすすめです!

ハンデやスタッツなどは気にせず、初めての方は、90分間+アディショナルタイムの勝敗予想をしましょう!単純明快ですが、それだけでも十分すぎるほどに楽しむ事ができますし、熱狂することもできます!

●おすすめページ→ ブックメーカー 日本のおすすめランキング

ブックメーカーで1番シンプルなサッカーのマネーライン

ゴールキーパー

ブックメーカーで一番シンプルなオッズは、ドローを含む勝敗予想です。
・ホームチームの勝利
・アウェーチームの勝利
・ドロー
の中から選択するだけです。

的中した場合は「賭け金×オッズ」の支払いがされます。

この1番シンプルな勝敗予想をブックメーカーでは【マネーライン(Money Line)】と呼び、1番多くの人が賭けているオッズです。

ブックメーカーに賭けたことがないサッカーファンであれば、まずはマネーラインから賭けていくことになるでしょう。

その後に、ハンディキャップやオーバー・アンダー、ライブベッティングなどに賭けていくのがいいでしょう。
最初からハンディキャップなどに賭けてもいいのですが、慣れるまでは難しく感じてしまうかもしれません。
またライブベッティングは、賭けるスピードも必要になりますので、やはりブックメーカーの操作やオッズの見方に慣れてからをおすすめします。

シュート

サッカーが好きであれば、勝敗予想のマネーラインだけでも十二分に楽しめますので、徐々にブックメーカーを楽しんでいきましょう。大金を賭ける必要などまったくなく、1ドルからでも賭ける事はできます。
1ドルでも賭けると、試合に集中しますし、試合結果がとても気になります。
それだけでも、サッカーを満喫できます。

欧米では、日本の何倍もブックメーカーをやっているスポーツファンが多いので、スポーツ会場に行く途中にスマホで賭ける事は普通です。家でテレビ観戦をしている時も賭けて、スポーツをより一層楽しんでいます!

日本だけではなく、世界共通してサッカーがブックメーカーの中で人気なので、オッズの種類が多数ありますし、疑問や質問はすぐに調べる事ができるのでおすすめできるのです。
まずは気楽にブックメーカーを調べて始めてみましょう!オッズだけを眺めていても、ワクワク感があります!

日本の新聞やサッカー専門雑誌などもブックメーカーのオッズを載せています。
それだけ、試合前の勝敗予想やリーグ前の優勝予想が注目されているということでしょう!

期待値的にもブックメーカーは投資対象になる

サッカー練習

サッカーファンにとってブックメーカーはあくまでも遊びと割り切って、勝てないものという前提で利用するのが一番です。勝てると思って勝負をすればはまり込んでしまいますから、お金がいくらあっても足りません。

しかし、本気で勝つことに力を入れるのであれば、ブックメーカーは期待値的にも投資対象になりうることも、また事実です。勝てるのはごく一部の人間に限られてはいますが。実際にブックメーカーで生活をしているプロの存在が、割合としては少なくても、単純な数だけで見れば少なからず存在をしているので、勝つのは十分に可能です。

サッカーグラウンド

例えば日本の公営競技であれば、期待値が悪すぎてどれだけ分析力が高くても、情報をすばやく入手できる情報網があっても勝つのは極めて難しいものとなります。それに対してブックメーカーは、もともとのリターンが公営競技と比較をすればずっと分の良いものとなっていることに加えて、賭けの対象の多さやオッズが賭けたときのものが保証される仕組みから、十分に勝つ可能性はあるということになるのです。
条件は良いと言っても、勝つためには相当な努力が必要ですから、誰もができるものではないものの、それだけの努力をすることができ能力があれば勝つのは夢ではありません。

すべてのサッカー好きが勝てるわけではないものの、すでに投資で成功をすることができたといった人など、損得勘定に機敏な人であれば勝てる可能性は十分にあるので、ブックメーカーを投資対象としてみる価値はあるでしょう。